sing a song


作詞・作曲 ミヤモトアツシ

 

「猫の方が自由じゃない?」

そんなわけないわ 退屈なだけ

 

言えないことも 腹の立つことも

抱えたまま 歩いてゆく また明日へ

 

You can go anywhere.

Let’s sing a song everywhere.

oh baby baby sing a song.

 

「金持ちの方が幸せじゃない?」

そんなわけないじゃん 狂ってるだけ

 

嫌なことも 糞なことも

抱えたまま 歩いてゆく また明日へ

 

言えないことも 腹の立つことも

抱えたまま 歩いてゆく また明日へ

 

You can go anywhere.

Let’s sing a song everywhere.

oh baby baby sing a song.

 

You can go anywhere.

Let’s sing a song everywhere.

oh baby baby sing a song.

March


作詞・作曲 ミヤモトアツシ

 

さぁ幕開けさ悲劇SHOW

本当の味方は誰でしょう?

Don’t say goodbye…

 

誰しもある嘘の大小

そしてこの恋が代償?

Don’t say goodbye…

 

ロマンチックな答えをちょうだい

今でも私は魅力的?

絵葉書の街が懐かしい

 

 

光る風にのって 向かい風だって

光る風にのって Ah…

 

さぁ約束の日だ今日は

未来がみえそうでもいこう

Don’t say goodbye…

 

ロマンチックな答えをちょうだい

今でも私は魅力的?

絵葉書の街が懐かしい

 

光る風にのって 向かい風だって

光る風にのって Ah…

小石を蹴飛ばすんだ

 

マジックアワー


作詞・作曲 ミヤモトアツシ

 

ダサい電車に乗って どうでもいい広告眺めて

誰とも目を合わせないで 音楽を聴いてる

 

流行りの歌を聴いて なんだか悲しくなって

君に会いたくなって この街を歩いている

 

I wanna bet you on the magic.

so dancing in the music.

forever young.

wherever you are.

 

ロックンロールの鼓動が最高に気持ちいい

誰との約束だろう?ここで歌うのは

 

I wanna bet you on the magic.

so dancing in the music.

forever young.

wherever you are.

 

好きな酒を飲んで なんだか楽しくなって

君の気をひきたくて 不機嫌なふりをする

 

I wanna bet you on the magic.

so dancing in the music.

forever young.

wherever you are.

ever gold


作詞 ミヤモトアツシ 作曲 タカイナオト&ミヤモトアツシ

 

どれだけのヘッドライトが通り過ぎただろう

何度信号の色が変わっただろう

雨は君の髪を濡らす

 

ever gold in the world 世界を揺らして

ever gold in the world 世界を照らして

 

月のスポットライトが残像を照らすだろう

何度心臓の音で眠っただろう

夜は青い夢と踊る

 

ever gold in the world 世界を揺らして

ever gold in the world 世界を照らして

 

ever gold in the world 世界を揺らして

ever gold in the world 世界を照らして

 

orange


 

作詞・作曲 ミヤモトアツシ

 

全てが溶け合う夕暮れに無駄な理性を奪われよう

風の行方 其処を目指そう

 

「みんな一斉に右ならえ」そんな姿勢は糞食らえ

馬鹿な遊びほど捗る運び

 

猿芝居 騙し合いに未来はない

ため息眠らせて歌うのさ

 

全てが溶け合う夕暮れに無駄な理性を奪われよう

風の行方 其処を目指そう

 

 

「あんな人生を君も見習え」そんな人生糞食らえ

無駄な遊びほど捗る運び

 

アテはない 果てもない 悩みはない

神々眠らせて生きるのさ

 

全てが溶け合う夕暮れに無駄な理性を奪われよう

風の行方 其処を目指そう

 

 

orange色の空と…

No.5


作詞・作曲 ミヤモトアツシ

 

色褪せるファインダー 覗き込んで

指先で切り取った

 

雨が静かにネオンを曇らせるのさ

鼓動は寄せては返す波のリズムのよう

 

No.5…

 

浮き足立つwinter 望んだ物

店先で見当たらず

 

朝がくるまでアナタに見惚れていたわ

窓には光の粒に映る雫模様

 

「不安な日常だ」

遅れ咲きの白いパンジー

 

雨が静かにネオンを曇らせるのさ

鼓動は寄せては返す波のリズムのよう

朝がくるまでアナタに見惚れていたわ

窓には光の粒に映る雫模様

 

No.5…

 

 

white book


なんにだって慣れてしまいそうさ

まだ何者にも成れてはいないわ

たってる場所が海に沈んで

このまま俺を引きずり込んでしまう

 

why don’t we go…. このままできるだけ遠くへ

why don’t we go…. あなたとできるだけ深いところへ

 

いつまでも生きていられそうさ

でも明日のは死んでしまうかもな

鉄の塊が空から落ちてきて

そのまま私を押し潰してします

 

why don’t we go…. このままできるだけ遠くへ

why don’t we go…. あなたとできるだけ深いところへ

 

why don’t we go….  終わりなき夢の中へ

Let’s Get Lost


作詞・作曲 ミヤモトアツシ

 

臆病風に吹かれて 星の消えそうな朝

壁にぶちあたったなら そこを曲がればいい

 

Let’s Get Lost….

道に迷えばいい

 

臆病風に吹かれて 夢の消えそうな馬鹿

壁にぶちあたったなら そこで休めばいい

 

Let’s Get Lost….

好きに迷えばいい

テネシーワルツは一度だけ


作詞・作曲 ミヤモトアツシ

 

セームライトの煙が 後ろへ吹っ飛んでいく

踏み外した男は言う 「もう会えないんだ」

 

テネシーワルツは一度だけ…

彼女が歌った一度だけ

 

サンミゲール片手に 終わりを見守っている

嘘のつけない男は 花束を送る

 

テネシーワルツは一度だけ…

彼女が歌った一度だけ

 

everybody love somebody tonight….

 

テネシーワルツは一度だけ…

彼女が歌った一度だけ

アンファニ


作詞・作曲 ミヤモトアツシ

 

退屈な朝がなんか好きで

肩をおとす君が愛おしい

 

何度も間違って 二人は巡り会って

お互いに身勝手 それでも信じ合って

 

透明な夜が僕らを包んでいく

影を落とす君が愛おしい

 

何度もすれ違って 二人は許し合って

お互いに身勝手 それでも分かち合って

 

Ah 難解なメロディーはいらない 心に身を任せればさ

Ah 何回もメロディーを歌える このまま飛べるなら

魔法よとけないまま

 

何度も間違って 二人は巡り会って

お互いに身勝手 それでも愛し合って

 

Ah 難解なメロディーはいらない 心に身を任せればさ

Ah 何回もメロディーを歌える このまま消えるなら

魔法よ永遠に

アンファニの香りが

覚醒


作詞作曲・ミヤモトアツシ

 

上の上へ 理由などないが

”本当の色”じゃ言葉足らずかな

 

When I loose all, everybody fuck’n tacky Rock’n Roll…

 

先の先は見据えてはないんだ

ウィスキーをくれ 紫の煙

 

When I loose all, everybody fuck’n tacky Rock’n Roll…

 

未来に怯えた表情じゃない

歩き出したみちをゆく

空想を透かして見上げた空に

笑う月と新しい風の言葉が流離う

「愛でもくらえ」

リトルダンサーとラストナイト


作詞 ミヤモトアツシ

 

星降る夜にスローダンス 揺れる想いを確かめて

星降る夜にスローダンス 不器用なまま

2人はリトルダンサー

 

「ワタシなんて売れ残りロールパンよ」

君の冗談にうまく笑えずに

ヤシの木のシルエットがフラダンス

グレープフルーツ色に染まる海を眺めて

 

涙をこらえて笑う君に

鼻の奥の方が少しツンとした

真っ赤なサテンのリボンをプレゼント

髪を結んで 涙をふいて

 

もうすぐ夏が終わってしまう もうすぐ今日も終わってしまう

明日から君は遠いところへ 最後の夜を僕にくれたね

 

星降る夜にスローダンス 揺れる想いを確かめて

星降る夜にスローダンス 不器用なまま

2人はリトルダンサー

 

月明かりに染まっていく音に合わせて

波のリズムが心地よく

まるで雲の上のような砂浜で

胸の痛みを愛だと知ったのだ

 

もうすぐ夏が終わってしまう もうすぐ今日も終わってしまう

明日から君は遠いところへ 最後の夜を僕にくれたね

 

星降る夜にスローダンス 揺れる想いを確かめて

星降る夜にスローダンス 不器用なまま

2人はリトルダンサー

ミス・インベタ


作詞 ミヤモトアツシ

 

 

いつからか 見えない処雨漏りだらけ

自分探し? 世界中何処にもありやしないさ

 

君の心の中の世界を包み隠さず見せておくれ

君のアタマの中の宇宙を恥ずかしがらず見せてほしい

 

あの時からか 隠した処は赤錆だらけ

宝石探し? ただの石に価値などありやしないさ

 

君の心の中の世界を包み隠さず見せておくれ

君のアタマの中の宇宙を恥ずかしがらず見せてほしい

 

神様のカルテ


突然に突きつけられた神様のカルテ

不意に押し付けられた運命の日曜日

 

巡り巡る月明かりの世界で

遠すぎる思い出の中 溺れていた

「夢の続きは君に託すよ」

言葉の先に詰まっている

 

行かなくちゃ 彼のもとへ

行かなくちゃ 誰かのところへ

知らないところへ

 

 

突きつけられた神様のカルテ

押し潰されそうな運命と日曜日

 

巡り巡る月明かりの世界で

遠すぎる思い出の中 泳いでいた

「夢の続きは君に託すよ」

その言葉の先で待っている

 

行かなくちゃ 彼のもとへ

行かなくちゃ 誰かのところへ

知らないところへ

 

先に行って待ってるから悲しまないで

夢の続きの物語は君の”その時”まできかないでおくよ

 

行かなくちゃ 彼のもとへ

行かなくちゃ 誰かのところへ

もう行かなくちゃ 君のいないもとへ

生きなくちゃ アナタの夢の続きのために

シエスタドリーム


作詞 ミヤモトアツシ

 

シャブリのワインの味なんて

臭い香水とそれほど変わらない

音程はずれた口笛でも

陽気に歩き出した悲しい魂

 

I know nothing…

 

パステルカラーサマーセーターがアイデンティティ?

操り人形だらけのこの街で

誰が誠実 何が現実?

息の詰まる煩わしいストラテジー

 

I know nothing…

 

シエスタに夢をみる

太陽だけがみているわ

oh…….

太陽だけがみているわ

眠らないで


作詞 ミヤモトアツシ

 

もう寝たの?

まだ眠らないで

絶望の朝と最高の友よ

 

なぁオマエの顔は見飽きたし

安酒ももう飲み飽きた

だから

ゲームで負けて一杯

ゲームで負けて一杯

俺しか飲んでないし

最後の会話は覚えてないよ

夢の中

 

もう寝たの?

まだ眠らないで

絶望の朝と最高の友よ

 

なぁオマエ次の日には死んじまって

その次の日には固まって木箱の中

人生の意味とか命の重さとか何にもわからなかったけど

とりあえず一曲できたから歌うことにするよ

 

もう寝たの?

まだ眠らないで

絶望の朝と最高の友よ

眠らないで

絶望の朝で

何度でも朝を

絶望の朝で

何度でも朝を迎えよう

死ぬまで朝を

 

俺が眠るまで

オマエは俺の最高の友だよ

Winky〜さよなら〈過ぎた日々〉ブルース〜


作詞 ミヤモトアツシ

 

さよなら〈過ぎた日々〉ブルース

太陽あたる場所へ Winky Smile

 

ここにはいたくないよ

何処でもいいからFar Away

星は地上に降りてビルに張り付いてる

アンハッピーアピール

そんな時はビール飲んで八つ当たりアンチエイジング?

NO!NO NO NO!

 

愛は焼けこげて絶望の中

 

嫌いな奴らは

アンドゥトロワでGet Away

星は夜空に帰って五線譜にのかってる

oh ハッピーアピールはおまかせロックンロール

官能的なノスタルジー

yeah!yeah yeah yeah!

 

恋は省みず切望の朝

 

さよなら〈過ぎた日々〉ブルース

太陽あたる場所へ Winky Smile

 

スローダンス誓い合った55の上

俺たちこのままいける?

 

さよなら〈過ぎた日々〉ブルース

太陽あたる場所へ

傷跡に沁みる言葉と音のように

何も言わず伸びる枝のように

何かを耐えて笑う君のように

心は向かう

太陽あたる場所へ

さよなら〈過ぎた日々〉ブルース

向かおう

美しい明日のために

Winky Smile

Rollin Rollin


作詞 ミヤモトアツシ

 

Good morning-Good night繰り返し

虹をすべることを忘れないで

誰かが決めた答え

真っ白に塗り替えてやれ

 

風をあつめて

HEY HEY HEY-HO!

ワーセレスよ

どこまでもつれていって

 

愛し合うアナタと夜の底

アタマもカラダも一つになって

交わし合う視線を道標に

Rollin Rollin

今日も明日も超えていく

 

Sunset-Sunriseの間に

本当の自分を忘れないで

ハリボテに潰されそうなら

知らない誰かと踊ればいい

 

傘もささずに

HEY HEY HEY-HO!

さみしくはないよ

雨と涙を宿らせて

 

愛し合うアナタと夜の底

アタマもカラダも無くなるLove Song

馬鹿し合う狐が歌いだせば

Rainy Rainy

雨はもうすぐ晴れるのさ

 

虹かかる空に

HEY HEY HEY-HO!

俺たちは奇跡をもとめよう

 

愛し合うアナタと夜の底

アタマもカラダも踊りだすShall We Dance?

確かめ合う言葉も忘れてしまおう

Rollin Rollin

自由になれるさ今夜なら

 

Shalala……

”歌”って消えるだけ

ポルノスター


作詞 ミヤモトアツシ

 

YOU ARE ポルノスター

ストロベリーエンジェル演じた

赤い口紅をはやく落とさなきゃ

目の前を青い金魚が泳いでる

不安げに狭い水槽で

 

シュビドゥワッパシュビワシュビワ

恋い焦がれている 恋いこがれている

わかりっこないさ

ROCK GOT NO REASON

ROCK GOT NO RHYME

 

「絵に描いたような海をオイラと観に行こう」

アナタと肩を並べてセロリをサリサリ

セロリをサリサリなワタシ

はじめて夏らしい暑さの香りと夜

ブランデーソングを歌ってよ

ハイネケンくらって躍る

 

オイラの鼻歌でワタシは戯けるのだ

 

シュビドゥワッパシュビワシュビワ

恋い焦がれている 恋いこがれている

わかりっこないさ

ROCK GOT NO REASON

ROCK GOT NO RHYME

 

呼び覚まして真実の愛を……..

TOGETHER


作詞 ミヤモトアツシ
作曲 ミヤモトアツシ

虹で繋いだ空
滲んで見えないのさ
I believe together forever
君と繋いだ手は
二度と離さないのさ
I believe together forever

爆撃の雨
何処かへ逃げなくちゃ
I believed together forever
君と交わしたキスを失くさないように
I believed together forever

雨上がり七色の弾丸を蹴り上げる
死んだあの娘は風に呟く
時間を超えたパルプフィクション
「世界は変わるの、きっと」

同じ景色を眺めていた
またたきをオイラ信じていた
星になって次の夜を
ただ景色を眺めていた

NO WAR  故郷に陽よ昇り続けて
LAST SONG  惑星の上 鳴り響け
TOGETHER FOREVER

Cranberry Junky


作詞 ミヤモトアツシ
作曲 ミヤモトアツシ、タカイナオト


感傷は全て吹き出し
茨の道でレトリック oh yeah
フラッシュ焚いたヒロイック

環境は全て踏み倒し
古い錆をポリッシュしてoh yeah
フィニッシュエンドアックマン

「oh マヨワナイゼ」
だって神に救われたことはない

Cranberry Junky
オイラの背中は甘い甘い恋を忘れてしまった悪魔のそれなのさ

年商はなし 勘定はNO
いつか繋がるSOMEBODY oh yeah
高速無銭RUNでとばせ

確証はなし 感情はYES
脱ぎ散らかしてshake a body oh yeah
投獄 in learn ソウルバディ


「oh オオシエクダサイ」
なんて神に導かれたことはない

Cranberry Junky
オイラの背中は淡い淡い夢を喰われてしまった天使のそれなのさ


「oh オドラナイデ」
なんて律に守られたことなどない

Cranberry Junky
オイラの背中には羽はいらないのさ
飛べなくていいや オドルダケ

Cranberry Junky


アンタな踊りに首ったけ
甘酸っぱく魅惑して

愛と革命


作詞 ミヤモトアツシ
作曲 ミヤモトアツシ


スローモーション  履き古したような浮雲見つめて
不器用な男  立ち尽くしてるだけじゃわからない愛のカタチを

愛すること以外 全て忘れていたい
心の中はまるで映画のようにまわり始めた

センチメンタル
書きなぐったような手紙はもう燃えた
君の得意な人類学でも明かせない愛のカタチを
この世は終わるとしても 幻だとしても
君の笑顔が全てを拭い去っていく 拭い去って

愛すること以外 全て忘れていたい
心の中はまるで映画のように出発の時間だ
愛を燃やしている太陽を掌で掴めよ燃やせ
愛の残像旋律 声の解放口笛
吹けよ 鳴らせ


愛と革命を唄って “争い”に用はない
泣きじゃくってよbaby
笑いころげて lady
終わりなきブルースを

愛と革命を唄って “悲しみ”は消え去れ
泣きじゃくってよbaby
笑いとばして lazy
終わりなきブルースを

Roman was not built in a day


 

肩を叩く風に問いかけてみても  足をさわる海に問いかけてみても

何も答えなく”ただそこにある”だけ  それがすべての答えといわないばかりに

 

躍るロマンは踊り続ける

ロマンは夢は無重力のダンスホールで踊る

 

大人なんてさ空想の産物で  月火水木金曜日もおんなじ毎日で

もう二度と戻らない日々と同じ日々を今日も逝く

 

躍るロマンは踊り続ける

ロマンは夢は無重力のダンスホールで踊る 踊り続ける

 

オイラ地球の周りを廻り続けている

地球は太陽の周りを廻り続けている

まわればまわるほどにワカラナイモノが重たくなってゆくの

まわってもまわっても消えない光を

 

躍るロマンは踊り続ける

ロマンは夢は無重力のダンスホールで躍る

 

WELL WELL これでいいのだ

間違っていない

 

 

 

空っぽになっちまったオイラの胃袋


 

ネオンが消えるエターナル 緑の十字架の旗なびいている

YES THE BUDY!図書館には上下セットの本しか置いてない

 

ネオンが消えるエターナル 黒い犬白い犬歩いている

YES THE BUDY!同じ色で描かれた道はどこまでも続くよ

 

空っぽのビールは悲しいから部屋の外にだした

 

 

ネオンが消えるエターナル 嘘も真実も使い古されてる

YES THE BUDY!コーラの買える自動販売機も今夜はお休みさ

 

空っぽの水槽は悲しいから部屋の外にだした

 

 

オイラの空っぽはなくならないから部屋の外に 部屋の外に

タイムマシーン


 

雑踏を歩いている ふと記憶がよぎった

君と茜色夕日の下で約束したこと

オイラは何が悲しいかわかんなくなって 忘れたふりして歩き出した

 

タイムマシーンは生きてるうちにできそうもないし

予定をこなすだけでは殺されてしまうような気がしてる

 

あの頃には戻れない あの頃には戻れない

過ちだらけの人生の”答え”は何処にある

 

遅延電車のアナウンス 今日はなんだか胸に響いた

外はビルの森色なんてなくて空も見えず

オイラ汚い大人になってしまったのか 悲しいふりして嘘でごまかして

 

「だから歌おう」なんて生きてる理由を適当につけて

運命なんて便利な言葉でぼやけさして

 

あの頃には戻れない あの頃には戻る必要はない

間違いだらけの人生こそが歩んできた証 歩んできた軌跡 歩んでゆく新しい世界へ

 

lalala…

 

PJJではやってないけどお気に入りの曲と詩やからのせました

弾き語りで録音しようか考え中

録音したら無料配布したいと思ってます

lily


 

100年岩になった心臓をはやく溶かしてBaby

200年乾いた俺のカラダを愛で満たしてbaby

 

10年前に通ったこの道を君は覚えている?

20年先もケンカばかりかな?「貧乏なんてめじゃないから」なんて…

 

あなたに捧ぐモノは何もないけど

おまえの嫌いなトコロなんてあげたらきりないぜ

 

わがままを言えるなら 「ずっとそばで笑ってほしい」

オイラはバカだから 君を泣かせてしまう

 

あなたに捧ぐモノは何もないけど

おまえの嫌いなトコロなんてあげたらきりないぜ

 

 

lily…but I do know the I love you

 

 

 

*逆説にこそホンマの愛があると思う

理由のある愛はなんか嘘っぽく聞こえてくる

Julie


 

Hey Julie…

 

ワイパーの壊れたボルボに乗って Hey Monkey! スーパーヒーロー登場さ

頭の壊れたビートにノって Hey beauty? イカレタ偶像さ

 

正解なくした世界でピアノなるほうに呼びかけたんだ

 

Hey Love お前は  Hey Love どこにいる

愛などぶっ飛んだ世界でオイラとキスをしよう

Hey Love キスをしよう Hey Love キスをしよう Hey Love ここにある

”愛”はここにある

 

ハイセンスパーティーナイト 殴り書きの『HEY BABY IT’S ALLRIGHT!!』刺激的で

狂ってるくらいが正常で はしゃぎ疲れたセレナーデ

 

Hey Love お前は  Hey Love どこにいる

愛などぶっ飛んだ世界でオイラとキスをしよう

Hey Love キスをしよう Hey Love キスをしよう Hey Love ここにある

”愛”はここにある

 

 

*この世界はやっぱりどっかおかしいんちゃうかって思う

何を信じたらいいのかわからん

真実は目の前でおこってることだけやと思う

What a feeling


 

愛のカタチは丸くて歪で

嘘をつくために嘘をつく

 

心を溶かす歌声を夜明けまで響かせたなら

”過去”をねじ曲げる必要なんかない

ボーダーを吹き飛ばす

 

What a feeling!!!!

 

What’s wrong? おこった歌声はハートのかたち

嘘をつくのはもう辞めにしようか

 

いつか死ぬとわかっていても君と二人でいれたなら

”未来”をねじ曲げる必要なんかない

ボーダーを吹き飛ばす

 

What a feeling!!!!

 

 

裸になって愛し合うことに答えをしりながらクイズショー

オイラが君を助けにゆこう

オイラが君を助けにゆこう

 

*最高!!をカタチにしたかった

Wait It!


Wait It! Love You Baby Love You Baby

Wait It! Love You Baby Love You Baby

Wait It! Love You Baby Love You Baby

愛しているのだ

 

限りなく青く広がる空  寝息をBGMにして

案外悪くもないだろう?

雨が降って魚になって飛んでゆける 君と”YOU GOT SUVED”ダンスして

Let’s party night !愛想笑いもスタミナ切れだろ?

 

そんなことでオイラを見放すなよな

 

Wait It! Love You Baby Love You Baby

Wait It! Love You Baby Love You Baby

 

この世の終わりはもうどうでもいいから 気軽にに宇宙船に乗って

案外悪くもないだろう?

 

 そんなことでおまえを見放すんじゃねぇさ

 

Wait It! Love You Baby Love You Baby

Wait It! Love You Baby Love You Baby

Wait It! Love You Baby Love You Baby

愛しているのだ

 

HEY EVERYBODY WHO NEEDS LOVE!

I`m singing love for you

 

歌を歌ってひとつになったら国境なんて関係ない

オイラおまえと踊りたい

Let`s party night! PLEASE SHOUTING YEAH!

 

 

Wait It! Love You Baby Love You Baby

Wait It! Love You Baby Love You Baby

Wait It! Love You Baby Love You Baby

愛しているのだ

境界線


午前はカンガルーにトライ BGMで世界は輝いて
クローズノートに未来 くりぃむレモンを食べたまま羽ばたいて

 

違うリズムで揺れている太陽と月は ゆらめく愛だけ集めて見つめている

 

どれくらいの愛がお前に必要か俺は知らないけど 軽くその倍は用意してやるよ

そのくらいの事で何で泣くのか俺は知らないけど 軽くその場合は抱きしめてやるよ

だから消えないで

 

朝目が覚めたらドライ 季節の魔法で世界は輝いて

トレンチコートで会って以来 月のお陰で太陽は回っている

この惑星の果てまで走ってゆくんだ 俺はきらめく夢だけ集めて

見つめている

 

どれくらいの愛がお前に必要か俺は知らないけど 軽くその倍は用意してやるよ

そのくらいの事で何で泣くのか俺は知らないけど 軽くその場合は抱きしめてやるよ

だから消えないで

All my love is song for you
No woman ,No cry

All my love is song for you
No woman ,No cry

*どこからが恋人でどこからが友達でどこからが他人かわからん